仕事中に食べたくなるものや常備しているもの

仕事中に食べたくなるものや常備しているもの

仕事中にひまわりの種をよく食べていました

62歳 男性
仕事中にひまわりの種をよく食べていました。
今から10年以上前は、外回りセールスの仕事が多かったのですが、そのとき常備携行していたのがひまわりの種です。
ときどき、松の実の時もありました。

なぜか、あの高カロリーの種の類を食べると、力がみなぎるような気がしたものです。
一度に二粒か三粒を口に入れて、ポリポリと噛むのです。
小さい紙袋に入れてポケットに入れていても、十粒くらいならば膨らんで見えることもありません。また、口の動きしかならないのが良いですね。煙草を吸わないかわりの、精神的なリフレッシュにもなっていました。

ひまわりの種は少し焼いた方が香ばしかったと思います。なぜか種に凝った時期があったのですが、なかでも好きなタネの小さいものが、ひまわりと松の実です。
大きめの種で言えば、ナッツ、ビスタチオ、ハスなどが好みでした。
もちろん、食べたという気分になるのは大きい種類なのですが、仕事に向かう道の途中で、もごもごと口が動いているのを見られることを避ける、そういう意味での小さめの種類携行常備だったと思います。
今、その習慣をなつかしく思います。